仕分け・検品作業

材料や製品を指示通りに分ける

工場では色々な材料を使って新たな製品を作っていきます。そしてその製品を販売していきます。工場の求人の中には仕分けの仕事があり、どんな内容なのか気になるかもしれません。まずあるのは材料の仕分けになります。毎日のようにたくさんの材料が運び込まれますが、必ずしもラインごとに順番に運び込まれるとは限りません。それぞれの材料が必要とする製造ラインに届けられるための指示書があるので、それに従って分けていきます。沢山の種類の製品を作っている工場であれば、材料だけでなく製品の仕分けをするときもあります。販売店や卸売店ごとに注文書があるので、それに合うように仕分けをしていきます。機械などではできない細かい仕分けが主な業務になるでしょう。

不良品がないかを調べる仕事

工場では製品を作りますが、完成した製品の全てが完璧な状態とは限りません。家電製品であれば電気がうまく通じないといけないでしょうし、きちんと操作ができないといけません。食品であれば目的のものがきちんと含まれていないといけませんし、異物が混入されていてはいけません。完成した製品に問題がないかどうかを調べる仕事として検品があり、工場の求人として募集がかけられるときがあります。非常に大変な作業になるので機械化も進んでいますが、人の目で見ないとわからない部分や実際に触らないとわからない不具合もあります。多くの問題のない製品の中から不良品を見つけないといけないので、慣れるまでは少し大変かもしれません。コツが分かれば作業効率を上げられるようになるでしょう。